2010年05月13日

介護基盤整備などで厚労省からヒアリング―民主・介護議連(医療介護CBニュース)

 「民主党介護を考える議員連盟」(会長=石毛●子衆院議員)は5月12日に開いた勉強会で、地域主権改革や介護基盤整備の状況などについて、厚生労働省の担当者からヒアリングを行った。

 厚労省の担当者は、今国会に提出されている「地域主権改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律案」の内容を説明。指定介護老人福祉施設などの介護施設について、設備や運営に関する基準などを必要に応じて自治体が条例で定めることができるとした。また、ユニット型の特別養護老人ホームについては、今後も整備を推進するとした上で、1人当たりの居室面積基準を現行の13.2平方メートルから10.65平方メートルに引き下げる方針などを説明した。

 その後の質疑応答では、出席した議員から、ユニット型施設について「現実問題として(経済的に)余裕のある高齢者しか入れない」「面積基準を引き下げるならば、生活保護の人も入れるようにすべき」などの意見が上がった。また、石毛会長は、高齢者の住まいの在り方について「いろいろな観点から総括すべき時期に来ている」と指摘した。

【編注】
●は金へんに英


【関連記事】
2025年、地域で高齢者支える仕組みを―田中慶大教授
「概算要求で個別提言できれば望ましい」―民主・介護議連会長
議員の出席率10%程度―空席ばかりが目立つ民主・介護議連
地域主権改革一括法案を閣議決定―介護施設の一部基準を条例委任
特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針

「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
聴取対象の男性が自殺=横須賀の民家殺害事件−神奈川県警(時事通信)
職員配置見直しを=在外公館業務で勧告−総務省(時事通信)
「いったい何をしに来た」説明不足に沖縄怒り(読売新聞)
ネットに「皇族殺す」=容疑で26歳男逮捕−警視庁(時事通信)
posted by アキヨシ ハジメ at 15:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

人 妻3人相手にしてきたけど、マジやっべぇな!!!!
フェラチオ×アナル×ディープキスの三点攻めで、オレ喘ぎまくりだっつの!!
しかも3人合わせて18万も貰えたぜぇぇぇ!!(゚∀゚)
http://lip.daizon.net/u8bx7ul/
Posted by 飢えた主婦は野獣だな! at 2010年05月15日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。