2010年05月29日

キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税(産経新聞)

 ホステスらの給与から天引きした源泉所得税など計約2億8千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は26日、所得税法違反などの罪でキャバクラ経営会社「ティーアンドシープロデュース」(東京都豊島区)社長、鈴木武将容疑者(31)と法人としての同社を起訴した。

 起訴状などによると、鈴木被告は平成20年6月までの1年半、従業員の給与から源泉徴収した所得税約1億6千万円を納付しなかったほか、20年3月までの3年間、売り上げの一部を除外するなどして消費税と地方消費税計約1億2100万円を脱税したとされる。

【関連記事】
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分
警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中
キャバクラに“黒服”強盗、店長の骨折り22万円奪う
キャバ嬢らデモ行進 歌舞伎町でキャバクラユニオン、業界改善訴え
生徒が話題「年齢確認ずさん」 中2雇ったキャバクラ経営者逮捕

<社長殺害>懲役20年破棄、差し戻し 証人尋問却下を批判(毎日新聞)
ニキビ 放っとかないで 早めに皮膚科できれいに 初期治療も可能な新薬(産経新聞)
<労働審判>異議申し立て後の訴訟、裁判官同じでも適法(毎日新聞)
「口におしぼり」虐待の特養、千葉市が行政処分(医療介護CBニュース)
<普天間移設>日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ(毎日新聞)
posted by アキヨシ ハジメ at 14:50| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。