2010年05月29日

キャバクラ経営者起訴 2億8千万円脱税(産経新聞)

 ホステスらの給与から天引きした源泉所得税など計約2億8千万円を脱税したとして、東京地検特捜部は26日、所得税法違反などの罪でキャバクラ経営会社「ティーアンドシープロデュース」(東京都豊島区)社長、鈴木武将容疑者(31)と法人としての同社を起訴した。

 起訴状などによると、鈴木被告は平成20年6月までの1年半、従業員の給与から源泉徴収した所得税約1億6千万円を納付しなかったほか、20年3月までの3年間、売り上げの一部を除外するなどして消費税と地方消費税計約1億2100万円を脱税したとされる。

【関連記事】
「キャバクラなら客になる」女子少年院でセクハラの教官処分
警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中
キャバクラに“黒服”強盗、店長の骨折り22万円奪う
キャバ嬢らデモ行進 歌舞伎町でキャバクラユニオン、業界改善訴え
生徒が話題「年齢確認ずさん」 中2雇ったキャバクラ経営者逮捕

<社長殺害>懲役20年破棄、差し戻し 証人尋問却下を批判(毎日新聞)
ニキビ 放っとかないで 早めに皮膚科できれいに 初期治療も可能な新薬(産経新聞)
<労働審判>異議申し立て後の訴訟、裁判官同じでも適法(毎日新聞)
「口におしぼり」虐待の特養、千葉市が行政処分(医療介護CBニュース)
<普天間移設>日米4閣僚共同声明も 政府対処方針に合わせ(毎日新聞)
posted by アキヨシ ハジメ at 14:50| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

<口蹄疫>農水省が種牛候補を提供の用意 宮崎県の要請で(毎日新聞)

 宮崎県で感染が広がる口蹄疫(こうていえき)の問題で、農林水産省は、独立行政法人家畜改良センターが育てている宮崎県の種牛の血統を受け継ぐ種牛候補を、宮崎県の要請があれば提供する方針を決めた。対象の牛は、鳥取県内などにある同センターの牧場に8頭おり、うち4頭は約22万頭の子牛の父となったスーパー種牛「安平」の孫。安平は今回の口蹄疫で殺処分の対象となった。

 農水省によると、種牛をつくるには6〜7年かかるとされるが、この候補の提供を受ければ、約2年短縮できるという。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:家畜の埋却用地を宮崎県農業振興公社が買い取り
口蹄疫:「かごしま黒豚」20頭が宮崎県境から避難
口蹄疫:「区域外」処理も検討 早期出荷へ農水省
口蹄疫:ワクチン接種ほぼ終了 進まぬ「牛豚ゼロ地帯」
但馬牛:種牛3頭を移動へ 兵庫

<口蹄疫>ワクチンの接種開始 家畜20万頭を対象に(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>直嶋経産相「事実関係を調査」(毎日新聞)
<児童買春容疑>35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」(毎日新聞)
「たばこやめて」、1位は「嵐」=市民団体主催のコンテスト(時事通信)
HP、ブログ解禁で合意へ=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
posted by アキヨシ ハジメ at 15:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<口蹄疫>「このままでは町壊滅」 終息見えず(毎日新聞)

 宮崎県内で感染拡大が止まらない家畜伝染病、口蹄疫(こうていえき)。感染が疑われる牛が最初に確認されてから20日で1カ月になるが、終息する兆しはない。殺処分対象の牛や豚などの家畜は10万頭を超える見通しで、全国に影響が拡大しないか懸念されている。すでに、宮崎県内の畜産業は大打撃を受けており、農家の悲痛な叫びは高まる一方だ。【佐藤浩、石田宗久】

 ◇宮崎・川南、半数が殺処分

 「畜産は命をつないでいく仕事。殺すの(殺処分)は苦しい」。被害が最も深刻な川南町で、約30年前から養豚を営む丸一正博さん(60)は嘆いた。

 5月7日午前5時ごろ。豚舎はまだ薄暗かったが、すぐに気づいた。母豚の足元がふらつき、口元に赤い発疹(はっしん)ができていた。「ついに来るべき時が来た」。宮崎家畜保健衛生所に通報した。

 飼育する約700頭全頭の殺処分が始まったのは13日。「最後まで見届けたい」と、注射で薬殺を続ける獣医のそばを離れなかった。

 「これからのことは全然考えられない」と丸一さん。防疫措置が終わり、自宅でぼんやりと過ごしている。

 人口約1万7000人の川南町にとり、畜産は基幹産業。しかし、町内で飼育されていた牛約1万頭、豚約13万頭は既に半数が殺処分対象となった。スーパーなどには、消毒液を染み込ませたマットが置かれ、道路は石灰で白くかすむ。飲食店を営む岩崎富子さん(82)は「人が外に出てこないので商売にならない。被害が出た農家の顔が浮かんで涙が出てくる」と話す。内野宮正英町長は「このままでは町は壊滅する」と沈痛な表情を浮かべた。

 JA宮崎中央会の試算によると、全体の被害額は15日現在、殺処分に伴う家畜の損害など161億円に達する。

 ◇予防的措置強化の声も

 感染拡大防止には、何が必要なのか。

 農林水産省の専門家委員会は、移動・搬出制限区域を設定して消毒、感染確認・疑い例の出た農家・農場の家畜を殺処分して封じ込める現行の防疫措置徹底を提言している。しかし、感染疑いの出ていない農家・農場の家畜も、予防的見地から殺処分すべきだとの意見が出ている。えびの市の村岡隆明市長は10日、赤松広隆農相に「農家には自分の農場から口蹄疫が出るかもしれないという恐怖が広がっている。他に迷惑をかける前に殺処分してほしいという危機感がある」と訴えた。

 家畜伝染病予防法を超えた方策に、赤松農相は「人の財産権を侵して殺すから法に基づいて補償する。病気でないものを税金で補償することはあり得ない」と否定した。

 もちろん、自分の家畜は感染を防ぎたいと奮闘する農家も多い。県幹部は「必死で家畜を守ろうとしている農家の心を折りたくない」と、予防的殺処分に慎重な姿勢を見せる。

 ◇子牛供給、全国に打撃も 松阪牛、4割宮崎産

 口蹄疫の直接的な被害は宮崎県内にとどまっているが、影響が全国に広がる可能性もある。同県で生まれた肉用子牛は全国各地でブランド和牛の「素牛(もとうし)」として使われているからだ。発生を受け、同県内で子牛を扱う7市場は4月下旬から自主休業しており、長期化すれば子牛を買い取って育てる肉牛生産者(肥育農家)も打撃を受けかねない。肥育農家側も宮崎産の出荷再開を待つか、調達先を他産地にするか、難しい判断を迫られている。

 宮崎県畜産課によると、08年度に県内で生産された子牛7万8391頭のうち2万9358頭が県外に出荷された。上位は佐賀県(2784頭)、三重県(2695頭)、熊本県(2513頭)、鹿児島県(2281頭)など。それぞれの産地で宮崎産は大きなウエートを占めている。

 最高級の和牛として知られる「松阪牛」の産地、三重県松阪市農林水産課によると、09年度に地元生産者が導入した素牛5397頭のうち宮崎産は44%の2357頭を占め最多だった。「肉質の評価が高い上、他県産より生育期間が短く、コストを抑えられる」と市の担当者は話す。

 業界団体などで構成する松阪牛連絡協議会副会長の生産者、瀬古清史さん(61)は「(入荷停止が)3、4カ月で収まれば問題はないが、長引けば東北地方で買い付けようかと思っている」と懸念。ただし、宮崎とは長い付き合いだけに「人情としては宮崎でいきたい」と悩ましげだ。

 産地により牛の飼育方法も違う。宮崎県の全国農業協同組合連合会(全農)関係者は「餌のやり方や管理の仕方などさまざまな違いがある。肉用子牛の生産は九州・沖縄で4割以上を占めるが、北海道や東北などで埋めきれるか」と指摘する。

 農林水産省畜産部は「今のところ子牛の供給全体に大きな影響は出ていない」としているが、今後も宮崎産子牛の取引再開にめどが立たなければ、全国的な供給確保策も課題になりそうだ。【行友弥、橋本明】

赤旗配布2審も有罪 「表現の自由」判断二分(産経新聞)
同志社大留学生らが「ワンコイン英語塾」 サラリーマンに人気(産経新聞)
雑記帳 段ボールで名古屋城 愛知工大生ら、千枚分使って(毎日新聞)
改正金商法が成立(時事通信)
「名誉傷つけられた」 NHK偏向報道訴訟でパイワン族男性が意見陳述(産経新聞)
posted by アキヨシ ハジメ at 21:19| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。